リチウム資産

サステナブルなリチウム製品を生産し、世界中にお届けします

操業資産と開発プロジェクトの両方で構成される当社の多様で比類のないリチウム資産ポートフォリオは、広大なグローバルリーチ、規模、製品の柔軟性を提供します。 現在、アルゼンチンおよびオーストラリアに運営資源を持ち、米国、中国、日本、英国に変換施設を有しています。また、アルゼンチン(グリーンフィールドおよびブラウンフィールド)およびカナダ(グリーンフィールド)で複数の開発プロジェクトを進行中であり、生産能力を高め、世界中のお客様のニーズに応える能力を高めています。 米国では、次世代バッテリー技術の中核部品である高純度リチウム金属について、西半球で唯一の鉱山から金属までの一貫生産施設を運営しています。

アルゼンチン、カタマルカ州

オンブレ・ムエルト塩湖

  • 100%所有
  • 炭酸リチウム、塩化リチウム
  • 稼働中・拡張中

オンブレ・ムエルト塩湖は、高品質のリチウムブラインの源泉です。 当社は1997年からこの地で生産を行っており、現在も拡張計画が進行中です。

オンブレ・ムエルト塩湖は、アルゼンチン北西部、カタマルカ州北東部、サルタ州との州境に位置し、ブエノスアイレスから北西へ約1,300 kmのところに位置しています。Minera del Altiplano S.A.(MdA.)は、ライベントのアルゼンチン事業子会社であり、サイトと関連施設を所有しています。

この資源は、過去の生産量が740 mg/L(605 ppm)を超える非常に高品位でばらつきが極めて小さいリチウムブラインを備えています。 また、その規模も非常に大きく、全体が約600平方キロメートル、深さは潜在的に地下900メートル以上に及びます。現在の生産は40 m以下に及んでおらず、概測資源量は200 mまでのものであるため、簡単に追加拡張が考えられます。

当社は、リチウムブラインを濃縮するために、独自に開発した直接リチウム抽出法(DLE)を使用しています。転換を早め、土地の使用量を削減する技術により、業界をリードするサステナビリティを実現しています。濃縮された塩湖ブラインは、下流のリチウム生産の原料として使用されます。2023年現在、ライベントはサイトに18,000トンの炭酸リチウム生産能力を有し、9,000トンの塩化リチウム生産能力をサルタ州のグエメスのオフサイト工場に有しています。この高純度塩化リチウムは、主にその他特殊事業の原料として使用されています。

炭酸リチウムの生産能力を10年後までに年産10万トンに引き上げるために、いくつかの段階的な拡張を進めています。 最初の拡張工事は2024年に完了する予定で、炭酸リチウムの生産能力はおよそ4万トンになります。

詳細はLivent.comで
アルゼンチン、フフイ州

オラロス

  • 66.5%所有
  • 炭酸リチウム
  • 稼働中・拡張中

2014年以来、当社のブラインベースのリチウム施設は世界中のお客様に炭酸リチウムを供給しており、稼働中のものとしては世界最大級のリチウム蒸発池です。

詳細はAllkem.coで
アルゼンチン、カタマルカ州

サル・デ・ヴィダ

  • 100%所有
  • 炭酸リチウム
  • 開発中

サル・デ・ヴィダは、当社のオンブレ・ムエルト塩湖から10 km圏内に位置し、高品質のブライン化学を有する世界的に競争力のあるプロジェクトです。

詳細はAllkem.coで
アルゼンチン、フフイ州

カウチャリ

  • 100%所有
  • 炭酸リチウム
  • 開発前

信頼できる新たな成長・開発能力を追加するために、当社は2020年4月にカウチャリを買収しました。 近隣のオラロスと化学的性質が似ているため、2つのサイト間で互換性のある効率的な開発と加工が可能になります。

詳細はAllkem.coで

炭酸リチウムから水酸化リチウムへの変換

当社は世界各地に水酸化リチウム生産資産を有しており、それらはアルゼンチン産の炭酸リチウムを原料としています。米国、日本、中国に生産能力を有しています。

米国

米国ベッセマーシティ

  • 100%所有
  • 15,000トン
  • 生産と試運転

2022年後半に5,000トンの拡張工事を完了し、米国最大の水酸化リチウム生産量を維持しています。

詳細はLivent.comで
中国

如皋市および浙江省

  • 独占受託製造
  • 30,000トン
  • 生産と試運転

2023年後半に浙江省の新拠点で15,000トンの拡張工事を完了し、国内の生産能力を倍増しました。

詳細はLivent.comで
日本

楢葉

  • 75%所有
  • 10,000トン
  • 試運転

パートナーの豊田通商とのジョイントベンチャーにより75%の経済権益を取得し、2023年に完成しました。炭酸リチウムの一次グレードの原料を、精製されたバッテリーグレードの水酸化リチウムに変換するよう設計された日本初の装置です。

詳細はAllkem.coで
カナダ、ケベック州

ネマスカ・リチウム

  • 50%所有
  • スポジュメンから水酸化リチウムへ
  • 開発中

ネマスカ・リチウムは、ケベック州にあるスポジュメンから水酸化リチウムへの完全統合開発プロジェクトで、北米とヨーロッパで増大するリチウム需要に対応する戦略的立地にあります。

当社はネマスカ・リチウムに50%出資しており、残りの50%はケベック州政府の投資部門であるInvestissement Québecが所有しています。 当社は、ネマスカ・リチウムに対し、技術的・商業的専門知識だけでなく、操業支援も提供しており、同社に代わって販売・マーケティング活動に従事するよう任命されています。

ネマスカ・リチウムは、ワブチ鉱山とベカンクール水酸化リチウム工場の2つの統合開発プロジェクトで構成されています。 ワブチでは23万5,000トンのスポジュメン精鉱が生産され、ベカンクールで年間3万2,000トンの水酸化リチウムを生産するための原料となります。

スポジュメン精鉱の商業生産は2025年に、水酸化リチウムの最初の生産は2026年に開始される予定です

このプロジェクトは、現在の資源定義に基づく30年以上の操業期間、相対的なコストポジション、増大する地域需要に対応する戦略的立地、低炭素水力エネルギーへのアクセスを含む良好なサステナビリティプロファイルなど、その規模から非常に魅力的であり続けています。

ベカンクールには、将来の水酸化リチウム生産能力を増強するための追加用地もあり、ジェームズベイから供給される可能性もあります。

米国、英国、中国

ブチルリチウム

  • 100%所有
  • 稼働中

ノースカロライナ州ベッセマーシティ、英国ブロムボロー、中国張家港市の各工場では、ポリマーおよび医薬品市場向けのブチルリチウムおよび有機金属化合物の世界的なニーズに対応しています。

当社は、米国、英国、中国に合計3,265トンの生産能力を有し、世界のブチルリチウム市場をリードしています。米国と英国の工場はともに40年以上にわたって操業しています。 当社は、地域ネットワークと強力な技術サポート能力により、長年にわたり多くのお客様との関係を築いています。

垂直統合された生産者として、グエメスの低コストの塩化リチウムは、[g1]製造のための主要原料になっています。

詳細はLivent.com
米国

リチウム金属およびその他

  • 100%所有
  • 稼働中

ノースカロライナ州ベッセマーシティ工場では、高純度リチウム金属、特殊有機物、その他いくつかの無機製品を生産しています。

当社は高純度金属市場のリーダーであり、生産能力は250トンで、西半球では唯一のメーカーです。

垂直統合された生産者として、グエメスの低コストの塩化リチウムは、製造のための主要原料になっています。

現在は主に合金バッテリーと非充電式バッテリーの用途に使用されていますが、リチウムイオンバッテリー技術、特にソリッドステート技術の進歩に伴い、リチウム金属は将来的に大きく成長する可能性があります。 当社の研究開発にとって重要な重点分野です。

詳細はLivent.com
米国

LIOVIX®

  • 100%所有
  • 開発中

ノースカロライナ州にあるCLEARラボから、リチウムイオンバッテリーの性能を向上させ、製造コストを削減し、次世代のバッテリー技術を可能にする、リチウム金属とその他の特殊材料の独自の印刷可能製剤であるLIOVIX®を発表しました。

詳細はLivent.com

西オーストラリア州

マウントキャトリン

  • 100%所有
  • スポジュメン精鉱
  • 稼働中

当社は、マウントキャトリンで高品質のスポジュメン精鉱を生産しており、この精鉱は世界のリチウムサプライチェーンにおいて適格です。世界有数の鉱業地域に位置し、成熟し安定した操業を行っています。

詳細はAllkem.coで
カナダ、ケベック州

ジェームズベイ

  • 100%所有
  • スポジュメン精鉱
  • 開発中

当社は、ケベック州北部のジェームズベイプロジェクトをサステナブルな硬岩鉱業として開発しようとしています。 このプロジェクトでは、再生可能エネルギーを最大限に利用し、マウントキャトリンでの操業で得たスポジュメンの専門知識を活用します。

ジェームズベイは、ワブチのネマスカスポジュメン事業所から100 km圏内にあり、ベカンクール(ネマスカ・リチウムの50%所有)のリチウム生産能力拡張に伴い、この原料を統合・転換できる可能性があります。

詳細はAllkem.coで